一度流行った援助交際は2度と無くならない今度は携帯電話で普及

エッチ目的の若い女子と出会える無料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

SWEET LINE

  • 10代の女性に大人気!
  • エッチに積極的な女性が多い
  • 真面目な清楚系女子に援交サイトとして好まれている

満足度

98

FirstMail

  • セフレ探しとして大人気のサイト
  • 即会い希望女性が多い
  • ちょっと暇つぶしな女性に人気

満足度

96

プチ神募集掲示板

  • 女子学生が多い
  • 恋人募集2:エッチ相手募集8
  • 性に気軽な女性に好まれる

満足度

94

即会い出来る有料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

ピュアアイ

  • セックスOKの若い女性に人気!
  • 即会い希望女子多いからアプローチ成功でSEX期待大!
  • すぐに支援できる人は有利
  • 有料ポイント制

満足度

97

PC☆MAX

  • 10代女性に人気が高い
  • 性に寛容な10代多し
  • 大人の魅力をアピールで出会い率アップ!
  • 有料ポイント制

満足度

95

90年代のポケベルが流行ったことは、30代以上の人なら、誰でも知っているかと思います。
そのポケベルが、90年代後半に進化を遂げ、今度は携帯電話として普及することになったのです。
それがきっかけで、援助交際が多発するようになったのです。
従来の援助交際は、街中で男性に声をかけて誘うなど、いかにも原始的な方法でした。
もちろんこのような方法は、今でも少なからず行われていますが、携帯電話が登場したことにより、援助交際専用の掲示板というもので、援助交際の相手を募集していたのです。
そうすることで、わざわざ街中に出かけずとも、学校や家にいるときでも、気軽に援助交際の相手を探すことができるのです。
今でも、携帯やパソコンを用いて、援交掲示板で援助交際の募集は行われていますが、援助交際の規制が強化されたことにより、昔のような堂々と募集することはなくなりました。
しかし、それでも形を変えて援助交際は行われているので、援助交際がこの世から無くなるのは、もしかしたら2度と訪れないのかもしれません。
何とも悲しいものですが、いくら規制を強化したところで、援助交際を望む男女がいる限りは、援助交際は永遠と行われるのです。

援助交際に分類されることになってしまいます

神待ちサイトで男性が求められていることは、いくつかのことが挙げられると思います。
例えば、そこで家出少女が何か食べたいということであれば、食事をおごってあげるということですよね。
そして、泊まる場所がほしいといわれれば、自分の家に呼ぶなどして寝場所を提供することができます。
ですが、お金をあげる、ということは実は神待ちサイトではしてはいけないことなのです。
お金のやり取りが挟まってしまうと、それは神待ちの域を越えて、援助交際に分類されることになってしまいます。
援交掲示板等で行う行為です。
そうなれば、犯罪としてみなされることにもなるかもしれません。
お金をあげることと何かをおごることはどんな違いがあるのかには、少し疑問もありますが、金品のやりとりによって交際をするということが、援助交際という問題のある行為になると考えられるのでしょう。
いくら家出少女がほしがっているからといって、また家出少女に喜んでほしいからといって、お金を簡単に渡してしまうことは、絶対にやめてください。
家出少女を喜ばせたいのであれば、ただ話を聞いてあげるというだけでも、十分貢献できると思います。
援助交際として逮捕されたりしてしまうと、人生が一気に転落してしまうかもしれませんので、自分の身のためと思って堪えてください。

援助交際をする何とも恐ろしいものです

援交掲示板で出会う女の子はずる賢い援助交際をする女の子は、頭が悪い女の子ばかりだと思われがちですが、確かに勉強はできないかもしれませんが、悪知恵に関しては、想像以上に頭が切れるので、十分に注意するようにしましょう。
例えば、男性がシャワーを浴びている間に、財布からお金を盗んだりするのは日常茶飯事です。
お金を盗られた男性は、当然警察に通報したくなりますが、もし警察に通報してしまうと、自分も援助交際をしたことで捕まってしまう危険があるので、結局諦めるという方法を取らざるを得ないのです。
女の子は、そのことを知っているから、堂々と男性のお金を盗むのです。
また、住所や電話番号などの個人情報を盗む場合もあり、その情報を元に、援助交際をしたことを、家族や勤務先に知らされてしまう可能性もあるのです。
そのようなことをして、女の子に何の得があるかと言いますと、単なる気晴らしです。
また、さらにずる賢い女の子になると、バラされたくなかったら、10万円払えと脅してくる場合もあるので、何とも恐ろしいものです。
未成年だからと言って油断していると、とんでもない目に会うので、くれぐれも注意しましょう。

次に自分のプロフィールを書くことになります

神待ちを使うことによって、男性は非常にいい思いをすることができるかもしれません。神待ちというのは、家出をしているような行き場のない女性が行うもので、援助交際のような方法で男性に助け出してもらうための方法なのです。
援交掲示板や神待ち掲示板では、そのような神待ちの募集が、日夜行われていることになります。そこで出会いたいと思う男女の数が徐々に増えてきて、今では神待ち掲示板の数もかなり増えてきているといえます。
それほど人気のサービスですから、登録も非常に安心して行うことができるのではないでしょうか。サイトに登録をしなければ、神待ちサイトを使うことはできませんし、当然そこでの出会いも求めることはできません。特に難しいことはありませんので、神待ちサイトを見つけたら登録だけは済ませておいてしまいましょう。
まず、仮登録をメールアドレスの登録などによって行います。そうすることによって、メールアドレスのほうに本登録のためのメールが送られてきますので、それに従って本登録を済ませます。そうすれば、もうサイト利用のための登録は終わりなのです。
出会い系サイトのようなところの扱いに慣れている人であれば、本当に数分程度で終わってしまうのではないでしょうか。登録が終わってサイト利用がはじまったら、次に自分のプロフィールを書くことになります。
そこは、男性に自分のことを知ってもらうための場所でもありますので、特に念入りに書くことをおすすめします。特に、エッチの面でもどこまでOKなのかは、相手もとても関心のあるところでしょうから、しっかりと書いておいたほうがよいでしょう。
それを登録し終わったら、あとは掲示板に募集の書き込みをするだけです。そうすれば、あとは向こうのほうから連絡をしてきてくれるでしょう。あとはご飯を奢ってもらったり、泊めてもらえる場所に連れて行ってもらえれば、それで神待ちは終了です。

若いほど需要は高くなるでしょう

援交掲示板による援助交際が社会問題にまでなりましたからやった事がない人でも、それがどうゆう事をしているのかぐらいは知っていますよね。
簡単に説明をしておくと男性がお金で女性を買ってセックスをする事です。男性は若い女性が好きですから、若いほど需要は高くなるでしょう。
女性の方もオジサンとセックスをしたいという女性は少ないですが、お金がもらえるのなら仕事と割り切ってセックスをする、
セックスをしても別に減るものじゃないし・・・・・と考える女性は多いようです。
確かにコンビニでアルバイトをしても時給800円にもなりません。それが援助交際なら1時間で1万円ほど稼げますからお金を稼ぎたいという目的なら援助交際が一番効率のいいバイトなのかもしれませんよね。
もちろん考え方は人それぞれです。お金で女性を買うなんて・・・・と眉をしかめる大人もいるでしょうし、
いくらお金がもらえてもセックスは好きな相手じゃないと出来ないという女性もいるでしょう。
それがいい悪いはここでは何もいいませんが、お金を払ってでも若い子とセックスをしたい男性とお金がもらえるのならオジサンとセックスをしても構わないと思っている女性と需要と供給が一致しているのなら周囲の人に迷惑をかけない範囲で楽しむのは別にいいのではないでしょうか?もちろん周囲にバレないように慎重に行動をする必要はありますが。

売春行為の厳罰化なども必要になることでしょう

女子学生のなかには、飲食店やサービス業などで健全にアルバイトをしてお小遣いを稼ぐ少女もいる一方で、大金欲しさに援助交際の世界に入り込んでしまう少女も跡を絶ちません。援助交際をする理由としては、自ら好き好んでしている少女は少ないので、結局のところ金銭的な場合がほとんどです。彼女たちは数万円が欲しいために、高いリスクがあるにも関わらずに見ず知らずの男性に身体を委ねてしまうのです。
こういった援助交際相手をどこで見つけるかというと、大抵の場合は悪質な出会い系サイトや闇サイトと言われているところでやり取りが行われています。インターネット上で顔も知らない相手と金銭面などの条件をやりとりして、指定の待ち合わせ場所などに向かい、リアルでの出会いとなるわけです。普通に生活していたら知り合うことさえないような、年の離れた男性に、たかだか3万円くらいのために大事な身体を売るのです。第3者から見れば嘆かわしいとしか言いようがありません。そうやって、日々インターネット上の援交掲示板では少女たちが自分の体に値段をつけては、男性と交渉をして、性の売買を行なっているのです。お金の欲しい少女とお金で若い肉体を買いたい男性がいる限りはなかなか、援助交際がなくならないでしょう。これ以上、少女たちが性的暴力などで傷つくことが減るように、売春行為の厳罰化なども必要になることでしょう。援助交際に走る男女の数が減ることを願っています。

じっくりと交渉していこうと思いました

私はとある援交掲示板を利用して、援助交際を求めている女の子と出会いました。彼女は二十歳の現役の女子大生でした。援助額は3万円ということで交渉が成立しました。そして駅の前で彼女と待ち合わせをし、彼女と出会いました。彼女を見た印象としては、どう考えても25歳前後のように見えましたが、それはいいとして、早速ホテルへと向かいました。部屋の中に入ると、まずはお金を全額渡し、シャワーを浴びた後、セックスの準備も整いました。ところが、私は拘束プレイだとか、夜這プレイだとか色々と楽しみたかったのですが、彼女はそれらを全て拒否して、結局普通のセックスしかできなかったのです。もちろん女の子によっては、NGな要求もあるかもしれませんが、かと言って男性の要求を全て断るなんて、あまりにも醜すぎました。一応こちらはお金を払っているわけですから、多少の要望には答えてもらわないと納得がいきません。しかし、終始ノーマルなセックスを彼女は貫き、不完全燃焼なまま援助交際を終えたのです。ハッキリ言って、彼女に騙された気分でした。まあセックスもさせてくれずに、お金だけ持って逃げる女の子に比べたら、まだマシなのかもしれませんが、やはり騙された感は否めません。これからは、プレイ内容の可否まで、じっくりと交渉していこうと思いました。

その場になってみないとわかりません

エンコウが犯罪だということはご存じでしたか?確かに女子高生相手に援交掲示板でエンコウしてしまって警察沙汰になる話はちょっと前まで時々テレビのニュースでもよくやっていましたよね。でも最近は見なくなったと思いませんか?そうです。
巧妙になったんです。今まで表に出ていたものがうまくオブラートに包まれて表面からはわからなくなったんです。
そのオブラートの一つが出会い系サイトです。出会い系に登録するとまず自分のプロフを載せます。そうしてお互い気が合うかどうか確かめあいながらメル友になるのですが、ここでのコメントにもエンコウサインは隠されています。アルバイトで学資を稼いでいますとか、趣味はショッピングです、とかもひょっとしたら、ひょっとします。これは実際に会ってその場になってみないとわかりません。
会って、ベッドインして情がわいたところで、<実は今月授業料払わないといけない>っていわれたら、ショウガナイナーといくらか出してしまう人もいるかもしれません。優しくふるまった後に急にドライにもできないですよね。仲良くおしゃべりしながら通りがかったセレクトショップで<このバッグずっと前から欲しかったの>といわれると、年齢差が大きいほど引っ込みがつかなくなりますよね。こんな時は彼女たちは最初からそのつもりです。出会い系の会員の中には最初からお金が欲しくて登録している人もいます。こんな人に会ってしまって、<最悪だー、やっぱり出会い系は怖い>と思う人と<気軽でいいや、また、よろしくねー>と思う人と両方でしょうね。

ホテルを出た時点でさよならです

ヤリ友とも表現されてしまうセフレとはどのような存在なのでしょうか。一般の恋愛関係となにが違うのでしょうか。
一般的に出会い系サイトを利用する男女の目的は、建前上は恋愛関係を前提とした付き合いですが単にエッチしたい相手を求めるがゆえに利用する男女も少なくないはずです。
出会い系サイトで知り合った男女がラブラブになりホテルに直行した時点ですべてそのカップルはセフレかというとそういうわけではありません。恋愛関係がもとになってホテルに行くケースももちろんあります。中には援助交際まがいのケースだってあるかもしれません。
セフレ目的の関係とそれ以外の関係の区別をどこでつけるのかというと大体の目安というのはあります。
単にセフレを希望するだけのカップルであった場合、もちろん意気投合すれば、目的を果たすがゆえホテルに直行するわけです。そして男女の営みがあります。
そしてその後どうするかでセフレ関係とそれ以外の関係に違いが生じてきます。あくまでセフレだけの関係である場合、ホテルを出た時点でさよならです。目的は果たしたわけですからそれ以上求めるものは何もありません。多分次に会う場所もホテルになるでしょう。援交掲示板での出会いも同じような感じです。
ところがセフレ以外の関係であった場合これだけで終わらない場合がほとんどです。カフェに入ってまた話に花を咲かすかもしれませんし、ショッピングを楽しむかもしれません。つまりホテルを出た後に再度一緒にいるひと時があるわけです。もちろん二人とも都合があってそのまま別れたというケースもあるかもしれませんが、セフレに分類されるような男女は肉体以外の付き合いはほとんどないケースが多いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ